普通のアパート物件に対して賃貸併用住宅にした工事とその後

賃貸併用住宅として活用

通常、賃貸併用住宅の場合は、最初からオーナーが自ら住むスペースを確保しながら建設を行う方法が該当しますが、今回の私の経験は普通の方法とは真逆にまります。
タイミングよく空室が1階部分にあったことで、2部屋分を利用して広めの住宅に仕上げるリノベーションを痛いしました。
依頼先は地元の工務店から探し出し、元々が木造のアパートなので私の計画は問題が無いと判断されたので、早急な対応を希望したことが始まりです。
リノベーションは意外とシンプルなもので、隣接する2部屋を遮る壁を撤去した上で、補強を十分に施した上でフロアを広く設ける方法です。
2室を1室に変えるために壁を撤去した状態では、当然ながらバスルームもトイレも、キッチンも同じ配置で全てが2つ備わっている状態です。
ここからのリノベーションは、2部屋分の水回りの設備を全て取り払ってから、新しい位置に新品の水回りの設備機器を備えるという流れでした。

中古のアパートを購入賃貸併用住宅として活用便利な環境を手に入れて満足